データベース

過去、ほとんどの企業のデータベースは、当時唯一の選択肢であったHDDに保存されていました。 メカニカルハードディスクは電力を消費し、パフォーマンスが低下である、3.5インチのHDD筐体の大きさは、スペースを効果的に使用できません。SSDの革新により、ITの者はストレージデバイスをHDDからSSDにアップグレードしてデータを保存できます。 HDDからSSDへのデータ転送により、より多くのメリットが得られ、全体的なコストが削減されます。HDDからSSDに変更されるデータベースはますます増えています。 将来的にデータセンターを維持するには、優れたパフォーマンスと高い信頼性を備えたSSDを正しく選定必要。 ファイソンのエンタープライズクラスのSSDソリューションはサポートできます。

ファイソンESR1610カスタマイズされたプラットフォーム。

完全的にカスタマイズプラットフォームは以下ご提供できます:

世界最大容量
2.5” SATA 15.36TB QLC
エンタープライズSSD

ランダムリード/ライトの
パフォーマンスはHDDの
20-50倍

ラックストレージ密度

ファイソンのESR1610 2.5インチ15.36TB SSDは、
3.5インチの従来のHDDのわずか1/8であり、
ラックのストレージ密度を大幅に向上させます。

低消費電力

故障率はHDDより低い

SSDには可動機械部品がありません。一方、可動機械部品の存在はHDD障害の主な原因である可能性があります。

お問い合わせ