プレスリリース

ファイソン E22T はカスタマイズ可能な車載用 PCIe Gen4 SSD プラットフォームのコントローラで、
車載システム向けにクラス最高レベルのパフォーマンス、次世代仕様の大容量ストレージを実現します。

ファイソン PCIe 4.0 SSD E22T 車載ストレージソリューションが 2024 年台湾エクセレンス賞を受賞

NAND コントローラーとストレージソリューションのグローバルリーダーであるファイソン(台湾証券取引市場 8299 TT)は、本日(12/06)、最新の PCIe 4.0 SSD E22T 車載ストレージソリューションにより 2024 年台湾精 品賞を受賞しました。

台湾エクセレンス賞―Taiwan Excellence Award(TEA)―は、台湾経済部が 1993年に創設した賞で、毎 年、「研究開発」、「デザイン」、「品質」、「マーケティング」の 4 つの専門項目と、「メイド・イン・台湾」の基準を加味し た厳正な選考基準により「革新的な価値」を持つ製品を選定して表彰しています。そして台湾政府は台湾の産業の 革新的なイメージを作り上げる目的でこの受賞製品を台湾産業の模範として国際市場で宣伝します。

ファイソンの総経理(社長)である馬中迅氏は、次のように述べました。
「ファイソンの車載用 PCIe 4.0 SSD E22T がこの賞を受賞したことを非常に喜ばしく思っています。TEA (Taiwan Excellence)は、台湾の革新的な価値ある製品の共通ブランドで、この業界のオスカーとも言え るほど国際的に高い評価を得ています。

この PCIe 4.0 SSD E22T ソリューションは、12nm プロセスを採用したカスタマイズ可能な車載用 SSD ストレージコントローラーで、最大シーケンシャルリード/ライト性能は 7000MB/秒、最大ランダムリード/ライト性能は1000K IOPS を達成。-40℃から 95℃の動作温度をサポートし、過酷な車載システムでのデータ保存に効果的です。さらに ASIL-B 自動車安全規格にも対応し、SR-IOV とデュアルポートをサポートする最大 2TB の容量の次世代の車載用ストレージ仕様となっており、将来の様々な車載システムや EV ストレージ・アーキテクチャのニーズを満たします。」

ファイソン PCIe 4.0 SSD E22T 車載ストレージソリューションが 2024 年台湾エクセレンス賞を受賞

ファイソン E22T 車載ストレージソリューションが 2024 年度台湾エクセレンス賞を受賞しました。
https://www.taiwanexcellence.org/tw/award/product/1130151


ファイソンの E22T の詳細については、こちらをご覧ください:
https://www.phison.com/images/products_datasheet/ProductBrochure_Embedded_PS5022-E22T_20231129.pdf

 

ファイソンについて

ファイソン エレクトロニクス コーポレーションはストレージ製品のコントローラを開発し、トータルソリューションを顧客に提案する会社として世界をリードしています。
当社創業から20年間に、様々なストレージソリューション(PCIe/SATA/PATA SSD, eMMC,UFS,SD カード及びUSB)を開発してきました。 コントローラIC ベース換算数は年間6億ユニット以上になります。
ファイソンは顧客に付加価値を提供するだけでなく、コンシューマー向け、エンベデッド向け、またエンタープライズ向けにも垂直統合ソリューションとサービスを提供します。
また、ファイソンはその卓越した技術力が評価され、業界の標準化活動でも主要メンバーとしても活躍しています。 ファイソンはOpen NAND Flash Interface(ONFI)グループの設立メンバーです。 また、SDA(SD Association)やUFSAの業界標準化団体にファイソン関係者から役員を出す他、 JEDEC、 PCI-SIG、MIPI、NVMeにも貢献しています。
本プレスリリースに記載されている「当社」、および「ファイソン」は「ファイソン エレクトロニクス コーポレーション」です。

お問い合わせ先

Phison Press

Taiwan

Phison Press

America