プレスリリース

NANDストレージ・ソリューション向けNANDコントローラと統合サービスのリーディング・プロバイダーであるファイソン(台湾証券取引所8299 TT)は本日(1/8)、最大14GB/sの性能を持つ世界初のPCIe 5.0 DRAMレス・クライアントSSDコントローラ「E31T」を発表しました。 このE31TはPC OEM、メインストリームSSD市場に向けた強力な製品です。

ファイソンがCESで新世代PCIe 5.0/4.0 SSDストレージ・ソリューションを発表

ファイソンのCS Ma社長(総経理)は次のように語りました。

「PS5031-E31Tは、7nmを採用した世界初のPCIe 5.0 DRAMレス4CHクライアントSSDコントローラです。現在の3600MT/s NAND世代では、E31T SSDの性能は10.8GB/秒、最大容量は8TBに達します。今後4800MT/sの新世代NANDがリリースされると、E31T SSDの速度は14GB/sに達し、PCIe 5.0 DRAMレスSSDの性能を新しいレベルに押し上げることになるでしょう。」

ファイソンは、PCIe 5.0 DRAMレスSSDコントローラE31Tに加え、今年のCESでは次の製品も展示しています。

  • PCIe 5.0 SSD PS5026-E26:シーケンシャルリード性能14.7GB/sを維持し、PCMark 10および3DMarkストレージテストで1000MB/sを達成した世界初のSSDコントローラチップ。
  • PCIe 4.0 DRAMレスSSD PS5027-E27T:小型のM.2 2230フォームファクタで、Steam Deck、Ally、Legion Goなどの携帯ゲーム機向けに特別に設計された低消費電力、高性能PCIe 4.0 SSDストレージ・ソリューション。
  • USB 4.0 PS2251-21 (U21): シングルチップ(SoC)上に搭載された世界初のネイティブUSB 4.0コントローラが、最大4GB/sの性能を実現。コンテンツクリエーターやモバイルストレージアプリケーションに最適なストレージ・ソリューション。

CESで展示されるファイソン製品の詳細については http://www.phison.com/ces-2024  をご参照ください。

ファイソンについて

ファイソン エレクトロニクス コーポレーションはストレージ製品のコントローラを開発し、トータルソリューションを顧客に提案する会社として世界をリードしています。
当社創業から20年間に、様々なストレージソリューション(PCIe/SATA/PATA SSD, eMMC,UFS,SD カード及びUSB)を開発してきました。 コントローラIC ベース換算数は年間6億ユニット以上になります。
ファイソンは顧客に付加価値を提供するだけでなく、コンシューマー向け、エンベデッド向け、またエンタープライズ向けにも垂直統合ソリューションとサービスを提供します。
また、ファイソンはその卓越した技術力が評価され、業界の標準化活動でも主要メンバーとしても活躍しています。 ファイソンはOpen NAND Flash Interface(ONFI)グループの設立メンバーです。 また、SDA(SD Association)やUFSAの業界標準化団体にファイソン関係者から役員を出す他、 JEDEC、 PCI-SIG、MIPI、NVMeにも貢献しています。
本プレスリリースに記載されている「当社」、および「ファイソン」は「ファイソン エレクトロニクス コーポレーション」です。

お問い合わせ先

Phison Press

Taiwan

Phison Press

America