プレスリリース

世界最大の家電ショーであるCESは、2022年1月5日に開幕しました。コロナ禍で2度目となる今年はラスべガスの会場とオンラインとのハイブリッド開催で、今後のコンシューマーエレクトロニクス業界の方向性を示すことが期待され、世界的に注目されています。

オンラインのみでの開催となった昨年2021年のCESには、世界中から約2,000社が展示会に参加し、167カ国から80,000人以上の訪問者がありました。今年のCESでは、Phison Electronics(Phison; 8299TT)は、オンラインで参加し、5Gワイヤレステクノロジーによって駆動されるeスポーツおよびポータブルゲームストレージ市場向けに、新世代のeスポーツストレージソリューションを展示します。

CES開幕 Phisonが新世代のゲームストレージソリューションを発表

PS5026は、Phison初のPCIe Gen5 SSDフラッグシップコントローラーチップで、最大連続読み取りおよび書き込みパフォーマンスが10,000MB/s。ハイエンドのゲーム機器環境に適しています。

PS5021は新しい第1世代PCIeGen4 DRAMレスSSDコントローラーチップで、速度が4,800MB/sを超え、BGA タイプのSSDサイズは11x13mm。ゲーム用ラップトップ、eスポーツ対応スマホなどのモバイルデバイス向けで、高速で低電力のモバイルストレージソリューションです。

PS5018は、Phisonの現在の主力製品であるPCIe Gen4 SSDコントローラーチップで、最大パフォーマンスは7,400MB/s。すべてのハイエンドゲームシステムとストレージアプリケーションに最高のユーザーエクスペリエンスを提供します。 

Phison Electronicsの潘健成CEOは、次のように語りました。

「メタユニバース(インターネット上の仮想の三次元空間)が、AR(拡張現実)/ VR(仮想現実)機器を通じてeスポーツ業界の新たなトレンドとなり需要を生み出しています。ゲーム用PC、ゲーム用ノートPC、AR/ VR機器やクラウドサービスサーバーなどは、仮想空間でのゲームのスムーズさと信頼性確保に対応するストレージデバイスを必要とします。Phisonはこの分野で20年以上の経験と研究開発の蓄積があり、世界中のさまざまなタイプの顧客のニーズを満たし、グローバルパートナーに貢献します。」

今回紹介するPhisonのコントローラチップについて詳しく知りたい方は、下記サイトで、ファイソンのエンジニアとのWEBでの打ち合わせ時間を調整して下さい。

https://www.phison.com/ja/ces2022

ファイソンについて

ファイソン エレクトロニクス コーポレーションはストレージ製品のコントローラを開発し、トータルソリューションを顧客に提案する会社として世界をリードしています。
当社創業から20年間に、様々なストレージソリューション(PCIe/SATA/PATA SSD, eMMC,UFS,SD カード及びUSB)を開発してきました。 コントローラIC ベース換算数は年間6億ユニット以上になります。
ファイソンは顧客に付加価値を提供するだけでなく、コンシューマー向け、エンベデッド向け、またエンタープライズ向けにも垂直統合ソリューションとサービスを提供します。
また、ファイソンはその卓越した技術力が評価され、業界の標準化活動でも主要メンバーとしても活躍しています。 ファイソンはOpen NAND Flash Interface(ONFI)グループの設立メンバーです。 また、SDA(SD Association)やUFSAの業界標準化団体にファイソン関係者から役員を出す他、 JEDEC、 PCI-SIG、MIPI、NVMe、IEEE-SAにも貢献しています。
本プレスリリースに記載されている「当社」、および「ファイソン」は「ファイソン エレクトロニクス コーポレーション」です。

お問い合わせ先

Phison Press

Taiwan

Phison Press

America